小泉 ユミ

音楽家の両親のもとに生まれ幼少期より、ひとりでピアノの前に座って曲を作ったり歌を歌ったりするのを何より好んでいた。

10歳よりチェロを音川健二氏のもとで学び、清泉小学校、清泉女学院中学校、桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。

卒業後オランダに渡り、ズヴォーレ音楽院にてJeroen Reuling氏に師事、同音楽院を首席で卒業してさら最高演奏者課程(メシアンアカデミー)を修了。その間バロックチェロや声楽も学んでくる。

帰国後、東京文化会館にて日本演奏連盟主催のリサイタルに出演して以来、リサイタル、オーケストラ、室内楽等で演奏活動を続けている。
又、自ら作曲も手がけ、演奏、収録を行っている。
オーク・トリオ、ジンメリンガー室内合奏団、オーケストラAfiA、女声アンサンブル「ルーチェ」等のメンバー。ファンデーク音楽院代表。

2006年6月に初のソロCD「Remember me」を、2018年5月にセカンド・アルバム「Aurore」をリリース。

リサイタルや録音では好んで歌曲を多く取り上げ、まるで歌詞が聞こえてくるような歌い回しと深く温かい音色には定評がある。
持って生まれた音楽性と確かな技術に裏打ちされた演奏はチェロという楽器の存在を感じさせないほど自然に美しく流れ、根強いファンを増やし続けている。

【作品】
1st Album “Remember me” リメンバー・ミー (DIJK-001)

2nd Album  “Aurore” オロール  (DIJK-002)





各種情報

性別
女性
パート
チェロ
演奏歴
デビュー公演(東京)から今年で15年
ジャンル
クラシック
受賞歴
Rodenstein&PartnersVriendenprijs(オランダ)

経歴

【出演歴】
2018年 夏 バッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会
2019年10月18日 デビュー15周年 リサイタル
もっと見る

イベント一覧

×